分かりにくい引越し料金

引越しシーズンは来年の1月から徐々に増え3月にピークを迎えます。

この時期を引越し繁忙期と呼ぶのですが、料金は通常期の3倍にもなるのが毎年恒例です。

信じられませんよね。しかし、料金はいまいち分かりにくくなっているので、しぶしぶ皆さんも納得されているようです。

見積もりを取る前に相場を把握したい場合はこちらのサイトが分かりやすいです。

引越し 相場

(↑移動先や人数を変更するだけで概算価格が表示されます。)

料金の決まり方を抜粋すると、

引越し料金は、トラックの大きさと引越し距離でほとんどが決まります。

これは通常期も繁忙期も変わりません。

この引越し運賃は国土交通省に認可された料金で無ければなく、法外な料金は取れないようになっています。

他業者間での開きはなく、上限で10%以内~20%までとなっています。

この基準運賃のほかには、車両の駐車代や高速料金、また作業員の人件費、付帯サービス料が加わります。

色んな料金が組み合わさり計算されるので、見積もりスタッフにしか分からない、分かりにくいようになっています。

ただし、業者により値引き額や、何人の作業員が必要になるのか、詰めるトラックのサイズや保有している最適なトラックのt数が異なるので見積もりを出来るだけ多く取りましょう。

そうすれば安い業者も分かり、安くなっていくという訳のようです。

以上が要約した抜粋部分ですが、3月になってから業者を探し始めても予約が取れない事もあるので注意して下さい。

引越し業者は大口なお客を入れた方が利益が大きくなるので、小口の民間人より値引き交渉などしないお役所関係の人を担当した方が、もうけを取れるので枠をすでに埋めてしまう事もあるようです。

今はどこの引越し業者も基本的に見積もりは無料なので、積極的に依頼してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です